​アンドロヒューマノイドのグリーンの光

​以下Arganza ㏋ Highwearページより転載

トリニティワークアウトで使用しているライムグリーン(作用する時にはエメラルドグリーンピーコックグリーンまで変化する)の光線。同ワークのページでそのエネルギーを「宇宙家族」から授かった時のエピソードを掲載しています。

アンドロメダの「宇宙家族」は、ヒューマノイドというひとくくりにしても良いものかと想うほどにエンジェリックなハイオクターヴの、感動的な純粋さを体現するような存在でした。彼らは地球で「セラフィム」と呼ばれる存在になっていった種族と思っています。

アンドロメダ銀河由来の、こちらの銀河に何らかの役目や義務を果たすためにやって来ている魂、冒険者として低次の銀河へ踏み込んだ「アンドロヒューマノイド」​たちの魂を持つ人は、今の地球に少ないですが居るようです。

ひとつ下のシステムであるこの銀河には、シリウスのステラゲートを経由したり、アルクトゥルス又はアンタレスというこちらでは高い次元にある世界を一度、経由して来る事になります。多層的に複雑に広がっている私たちのモナドの体験は、たくさんの故郷を持っていると言えます。

「宇宙家族」がくれた光は、そんなアンドロヒューマン由来のスピリットたちが、システムの違う世界で奮闘するべく、応援のエナジーをたっぷりと注いでくれる愛の光源です。故郷を想いだし、その加護を受ける機会に。

089-04_edited_edited.png