Reconsecration™

~サナトクマラと白山姫による幻想からの解放、統合、再神聖化のためのイニシエーション~

レコンセクレーションとは「再神聖化」を意味する言葉です。

古来より聖地と言われてきた奈良県の三輪山の麓に住まわれていたAmariさんが

2007年に結実されたシリウス・シャンバラ由来のエネルギーワークです。

私たちはこの地球において、無意識に魂、潜在意識、ハイヤーソウル、オーバーソウルといった様々な階層の意識の共同作業によりすべての現実を創りだしています。

その「顕現システム」を生み出し、統括しているのが地球ロゴスと呼ばれるサナトクマラ・白山姫です。

レコンセクレーション™は、このご夫婦のエネルギーをお借りして「幻想」としての現実を生み出しているネガティブな感情や思考、思い込みなどの不要なエネルギーをご本人の本来のピュアな状態へ還元し、現実へと反映させていくワークです。

地球ロゴスとは・・・

現在の地球と、地球上の全ての存在の進化システムを統括していると言われる存在です。その男性性側面をサナトクマラ・女性性側面を白山姫と呼んでいます。私たちの父であり母とも言える存在です。

サナトクマラはゴールドの光を帯び、白山姫は桜色をしています。二つのエネルギーが統合されたピンクゴールドの光は、不要な情報の変換や浄化、そして「聖と俗」「男性エネルギーと女性エネルギー」「天と地」などの対極のエネルギーをバランスの取れた中和状態へと戻す性質、があります。

このロゴスエネルギーにより、私たちのエネルギー場にある恐れや不安などの幻想エネルギー、不要な制限、契約、呪縛などの情報が純化されピュアでバランスの取れたエネルギーへ変換されます。

変換されたエネルギーは、ご本人の顕現システムの宇宙レベルへと一度返却された後、中心軸、プラーナ管と言ったエネルギーシステムを通して人間レベルへと戻ってきます。チャクラやオーラ層がピュアで神聖なエネルギーで満たされ、現実へと反映していきます。

また、中心軸が整いパワフルにグラウンディングが起こるのもワークの特徴です。

セッションは受け手の方のハイアーセルフと共に行われます。これによって、それぞれのエネルギー段階やテーマに合わせる様にしてセッションのエネルギーが働きますのでエネルギーワークに慣れている方も、そうでない方も受けていただけます。

シリウス・シャンバラワークとは・・・

シャンバラは、古来サナトクマラを統括者として共にシリウスから地球へやってきた「地球の進化成長プロジェクト」を担う存在(ハイラーキ―、マスター)たちの拠点であり、地球の別次元に存在すると言われている光の都市です。

現在の地球システムや人類のチャクラシステム、オーラ、ソウルシステム、カルマシステムや地球上の形あるもの、無いもの全てがシャンバラにより生み出されたと言われており、私たちはシャンバラのシステムの中に存在していると言えます。

シャンバラに波長を合わせて過ごすことは、この地球上で活動し現実創造していく上で自分軸の基盤つくりや、生きやすさへと通じています。レコンセクレーション™はそんなシャンバラからのエネルギーです。

レコンセクレーション™についてより詳しい説明はArganzaHPでご覧いただけます。是非、併せてご覧ください。

・時間 約60分(遠隔ヒーリング)

・料金 ¥18.000

只今モニター募集中です!モニター料金 ¥16.000(先着5名様)

・お申し込みはこちらから

セッション当日の流れ

・セッション中は椅子に座られても、横になられてもどちらでも大丈夫です。おひとりでゆったりリラックス出来る環境でお受けとりください。

・セッション開始時間になりましたら「今からpure lightのヒーリングを受け取ります」とご自身のハイヤーセルフに宣言してください。イメージで大丈夫です。眠ってしまわれても、目覚めた状態のままでも流れるエネジーは変わりませんのでご安心してエナジーに身を任せてください。

・セッション中にemanaが感じた事を3日以内にメールでお送りいたします。